HTBアナウンス部では、幼稚園や各種施設などを訪問して絵本や紙芝居の「読み聞かせ」を行う
「onちゃん おはなし隊」を結成しました。
「読み聞かせ」の楽しさを体験してもらいながら、地域の皆さんと交流を深めていきたいと思います。

おはなし隊申し込み

訪問先は原則、札幌市内か近郊とさせて頂いております。
ご了承下さい。

これまでのおはなし隊

第194回 2022年10月1・2日
HTBまつり2022 「onちゃんおはなし隊スペシャル With Satoly」 

タイムスケジュール

14:00-挨拶 ゲストご紹介
14:10-読み聞かせ
    ・渡辺葉月作「わたしとおとうと」
    ・Satoly×渡辺葉月「虹色カラス」
14:30-インタビュートーク
14:40-インタビュートーク

今回行ったのは

  • 森さやかアナウンサー

  • 森(唯)アナウンサー

コメント

HTBまつり2022(10/1,10/ 2)では
「onちゃんおはなし隊」とスペシャルゲストを招いたコラボイベントを開催!
オリジナル絵本の読み聞かせとアートを一緒に楽しむ体験型イベントを行いました。

<スペシャルゲスト>
■Satoly(吉本興業・アーティスト)北海道出身
世界各国の盲学校 聾学校 養護学校で絵を教えるワークショップを開催
訪れた国は19カ国

■渡辺葉月ちゃん(旭川在住・10歳)
2年前、突然手足が動かなくなっても前向きにチャレンジを続け、口でペンをくわえて絵を描く姿などをSNSで発信中。
夕方情報番組「イチオシ!」!で放送し大きな反響を呼ぶ。

HTBまつりで初お披露目となったSatolyさんと葉月ちゃんが制作中の絵本「虹色カラス」

様々な色の絵具を混ぜ合わせると黒色になるように、
カラスも本当はカラフルなのかもしれない。
人に嫌われがちなカラスだけど、カラスも自分の居場所を探している。
そんな思いから生まれた絵本をご紹介しました。

ワークショップでは、
来場者のみなさんと「虹色カラス」をモチーフに、絵を描きました。
透明なアクリル円盤に絵を描いて、台座に投函すると・・・
みんなの絵が合わさって、大きな一つのオブジェが完成!
それぞれの個性や多様性を認め合う社会への願いが込められています。

こちらのオブジェは、現在HTBエントランスに飾ってあります。
是非、HTBにお越しの際にご覧になってみて下さいね。
(展示は2023年3月までの予定です)

アルバム

スペシャルバージョンのおはなし隊です
Satolyさん
渡辺葉月ちゃん
ステージでお話も伺いました
ワークショップにもみなさん参加いてくれました
みんなの「虹色カラス」で円を埋めよう!
大人も子どももみんなで描きました
原画も持っていてくれましたよ
みんなでつくる共作アート完成